神奈川で不動産売却を成功させるためのサイト  » 不動産売却する前に知っておきたいこと » 売却と買取の違い

売却と買取の違い

このページでは不動産売却と買取の違いについて説明します。はじめて不動産を売りたいと考えている人に知っていただきたい予備知識ですので、ぜひご一読ください。

不動産を現金化する「売却」と「買取」の違い

「売却」と「買取」は、不動産所有者(売り手)が不動産を現金化する手法に変わりないのですが、売る方法に若干の違いがあります。

「売却」は不動産専門会社に仲介を依頼し、不動産購入を検討している第三者の買い手に売る方法です。不動産を売るためには、不動産購入を検討している人に、興味を持ってもらう必要があります。

不動産の購入検討者は、不動産情報誌や広告、Webサイトを見て良い不動産が売りに出ていないかチェックをしており、そのような媒体に掲載するためにも仲介してもらう必要があります。

もう一方の「買取」は、不動産会社に直接購入してもらう方法です。「売却」では第三者が購入する流れでしたが、「買取」の場合は第三者ではなく不動産会社が購入します。

購入した不動産を、不動産会社がリノベーション等をすることによって付加価値を付け、マンション購入を考えている第三者に、不動産会社が再販するような仕組みになります。

売却と買取のメリットとデメリット

売却と買取の仕組みを把握したところで、次は、それぞれのメリットデメリットを確認していきましょう。一般論として以下のように言われています。

  • 売却のメリット
    査定によって相場に見合った価格、もしくは、それよりも高く売れるケースがある。
  • 売却のデメリット
    不動産会社の仲介手数料が発生する。場合によって、買い手が見つかるまで時間がかかる。
  • 買取のメリット
    売却までの流れが早く、スケジューリングが立てやすい。瑕疵担保責任が免除されるため、手離れが良い。
  • 買取のデメリット
    相場よりも安くなってしまうケースが多い。相場の70〜80%ぐらいが一般的と言われている。

違いを知って自分にあった選択が大切

大事な資産をどのように現金化するか、一刻も早く現金化しなければならないのか、高額だけに熟考して判断をしなければなりません。

何より、不動産を売ることは、人生の中で初めての人が大半を占めると思います。

売却と買取の違いを知識として知っておき、不動産のプロである、不動産会社と相談しながら、上手に資産を売却していきましょう。

 
ページの先頭へ
少しでも高く売りたい!不動産売却バイブルin神奈川