神奈川で不動産売却を成功させるためのサイト  » 不動産売却する前に知っておきたいこと » 必要な費用や税金

必要な費用や税金

このページでは不動産売却に係る費用について紹介しています。売却すると様々な費用が発生しますので、その内容を予め把握しておきましょう。

不動産売却時に発生する費用とは

不動産は金額が大きく、権利関係で行政に届出をすることもあり、売却時に諸経費や税金などの費用がいくつも発生します。

今まで所有していた車を売却したことがある人なら想像しやすいかと思いますが、高額かつ行政機関に届けている資産を売却しようとすると、何かと手続きが必要です。

高額資産の中でも、特に不動産は金額も大きく、固定資産税などの税金との紐付きもあるために、多く手続きが発生することはきっと想像がつくでしょう。

では、主にどのような費用が発生するか紹介いたします。まずは手続きや手数料などの諸経費についてです。

仲介手数料だけではない不動産売却時の費用

代表的な諸経費は「仲介手数料」。業者を通じて不動産売却をする際に、媒介契約にて取り決めされた不動産会社に支払う手数料のことを言います。

また、この仲介手数料に加え、売却が確定して契約を取り交わす際、書類に「印紙」が必要になるので、これも諸経費として必ず発生します。

住宅ローンが残っている場合は「抵当権抹消費」もあります。抵当権抹消のために行政への届けを行うために司法書士に依頼する可能性もあり、依頼する場合には、司法書士に支払う費用もかかります。

さらに、行政書類関連で発生するのが印紙費用。 他にも、売却時に解体が必要なケースでは、解体に伴う工事費用、売却する不動産が住居として使用している場合は、引越し関連費用が必要になるので予めチェックしておきましょう。

不動産売却時に発生する税金の種類

時代によって税率や控除制度が変わるため、各自計算いただきたいのですが、まずは税金の大枠だけでも把握しましょう。

不動産売却に伴い、利益が発生すると利益に対して、譲渡所得税や住民税がかかってきます。

この不動産売却時にかかる税金は、給与所得や事業所得とは分けて課税対象となるため、分離課税と言われています。利益の考え方は不動産購入時と比べて、売却で利益を上げた場合に発生します。

また、消費税もあるのでお忘れなく。消費税は個人間の売買であれば非課税なのですが、不動産業者への仲介手数料に対しては、消費税が発生するのでご注意下さい。

不動産会社のサービスを利用するわけですので、法人と個人の売買行為になります。そのため、売却仲介サービスの売主である不動産会社に対して支払う仲介手数料に、消費税がかかるので理解しておきましょう。

 
ページの先頭へ
少しでも高く売りたい!不動産売却バイブルin神奈川