神奈川で不動産売却を成功させるためのサイト  » 不動産売却する前に知っておきたいこと » 業者の選び方

業者の選び方

売却したい不動産があるものの、一体どの業者を選んだら良いか迷うのも当然。そこでこのページでは不動産仲介業者の選び方について紹介いたします。

不動産の売却が得意な業者を選ぶ

不動産業者はそれぞれ得意分野があり、逆に言えば万能型の不動産業者は滅多にありません。あったとしても、大手業者で分野ごとに会社が分かれているケースかと思います。

得意領域を大きく分けると「分譲」「開発」「買取」「媒介」の4つに分けられます。不動産仲介業者を選ぶ際には「媒介」を得意としていることに注目しましょう。

媒介業者は不動産売買、投資物件媒介を専門に行っている不動産業者です。その中でも、物件タイプごとに専門的に扱っている業者があるため、各不動産業者が持つ得意分野を査定前に見極める必要があります。

各業者のWebサイトや口コミ評判などを参考に目星をつけていきましょう。

売却する不動産の地域が得意な業者を選ぶ

大手のように、全国規模の取り扱いをしている不動産業者がある一方で、地域密着型の中小規模の不動産業者もあります。

大手の方が信頼感を感じる一方、地域固有の情報までカバーしきれていないケースもあります。地域密着型の業者の場合リピート率が高く良い顧客を持っているので物件が高く売れやすいケースも多く聞きます。

地域に根ざした販売力や宣伝力を持っているのが強みなので、売却を考えている不動産がある地域が得意な業者をおすすめします。

相性が良い担当者がいる業者を選ぶ

そして意外と忘れがちなのが担当者との相性。

担当者とは長い付き合いになることも多く、売主の立場に立って考えてくれる担当者でなければ、結果的に不動産売却に失敗するケースもあると言われています。

担当者も自社利益のことを考えることは当たり前なのですが、売主のことを全然考えてくれない担当者も残念ながら少なからずいます。

会ってみないとわからないこともありますが、事前に評判や口コミで確認するとともに、査定時に話をしてみて、噛み合うかをじっくり確認するのが良いでしょう。

売主側が知識不足なことが多い、法律や税金面をわかりやすく解説してくれたり、売却時のメリットデメリットをしっかりと伝えてくれる担当者は、比較的信頼できる担当者だと言えます。

 
ページの先頭へ
少しでも高く売りたい!不動産売却バイブルin神奈川